Shapes of ALOHA*
ryoooo.exblog.jp
Top
■ 日中親善・・・ ■
TBSで放送しているV6の『学校へ行こう』を昨日見ました。
沖縄の男の子が女子十二楽坊と、中国大使館で行われる日中親善の会の中で競演していました。
「日中親善」の文句に「カチッ」とスイッチが入った私。
その理由は、、、

私は小1でピアノを習い始め、小学校のクラブで初めて管楽器に出会いトランペットを担当
中学生になり先輩に誘われた吹奏楽部ではクラリネットを。
そして吹奏楽の魅力にどっぷりハマり、それから高校・社会人と延べ10年間以上クラリネットを吹いてきました。
高校3年生の夏、『日中青少年親善なんとか?(正式名称は忘れた!)』と言う名の下
中国の北京と天津へ10日間ほど演奏旅行に行きました。
(ちなみにこれが私の初海外旅行)
大きなホールでの演奏会を2回、後は中国の音大へ行ったり
中国雑技団のような小さな子供ばかりの施設へ行ったり
中国警察の音楽隊と合同演奏会を開いたり
当時日本の首相だった「T氏」の前で演奏したりと、
毎日のように大小問わず演奏会があり
大変でしたが一生忘れられない、とても貴重な体験をさせてもらいました。

NTVで放送されている所ジョージの『ダーツの旅』で最近は「吹奏楽の旅」がありますが
当時のライバル校が先日出ており、とても懐かしく見ていました。

私は吹奏楽を辞めて10年経ってしまったのでもうあの頃のようには吹けないだろうけど
もし何かの機会があったら、その時はがんばってみようかな?







すごい人気ですね。
私も、中国の古典楽器の音色にはとても癒されるものを感じます。

が・・・・・・・・
音感悪すぎ。
特に「二胡」。

ピッチと言うか、音程が合ってない。
音程が合ってないと非常に不快に感じるのですが、まさにそう。
昨日の「涙そうそう」なんか、本当にひどかった。

演奏の技術や表現力などはきっと素晴らしいのでしょう。
でも、いくら上手に弾けても音程が悪いと全てチャラ。
よって、昨日の演奏も私の中では「×」でしたね。

二胡ってああいう楽器なの?
でも、演奏始めではそんなに音程おかしくないから、
演奏していくうちに、ピッチがくるっていくんですよね。
だったら、ちゃんと調整すればいいのに。できるはずなのに。
それとも・・・もしかして彼女達って音感ないの??まさかね。

そんなこともあり、私は彼女達があまり好きにはなれません。
ファンの方、ごめんなさい。


もう10年くらい前になるのかな?
皇后美智子様がヨーロッパのどこかの国の音大を訪問した際、
事前に打ち合わせもない中、即興でピアノを演奏されたことがあります。
確かソナチネの中の曲だったと思うのですが、
その美智子様のピアノの伴奏に合わせ女性の音大生がフルートを演奏したのですが・・・
演奏自体はなかなか上手でした。でも!
ピッチがまるで合ってない為、全てが台無し!最低・最悪。不快なだけ。
はっきり言って、聞くに堪えないデュエットでした。

この話はテレビでもよく使われ、
「美智子様の優しさ」「ピアノのお上手さ」「気さくさ」などが話題になり
「素晴らしい演奏ですね」と誰もが言う中、いつだったか、男性のコメンテーターが
「それにしてもフルートの女性はひどすぎますね」と一言。
この人、分かってるじゃん~~~!!と、テレビを見ながら喜んでしまいました。

ピアノと演奏する場合はピアノのピッチに合わせるのが普通。
ましてや、ピアノ演奏は日本の皇后さま。
だったらなおさら気を使わなくてはいけないところなのに、
まるで音程を無視したあの演奏・・・
思い出しても不快です。




「たかが10年間、しかも学生時代に音楽やってただけなのに偉そうに!」
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、日本の学生の吹奏楽をナメたらいけません!
実際、吹奏楽コンクールで日本一になった高校は
オーストリア・ウィーンで開催される世界大会に出場することができるのですが
日本の高校吹奏楽のレベルが高い為、ほぼ日本の高校が世界一に輝くのです。
私の母校も、私が入学する1~2年前、見事世界一になりました。
残念ながら、私の在学中は日本一になることができなかったのですが
多くの先輩がプロとして、海外や国内で活躍していますし
中には「N響」の現役でバリバリがんばっている先輩もいます。
そんな環境の中で私も練習をしてきていたので
「耳」はそれなりである、と自負しています。いや、、自負させてください。(笑)

[PR]
by ryo_ooo | 2006-01-17 21:22 | DIARY